スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ご懐妊」報道

紀子様ご懐妊の報道がされた。
私自身の皇室に関する感情やなんかはおいておくとしても、
このことについて2つ言いたいことがあります。
1つは「スクープ」とか言っていち早く報道することの是非。
もう1つは皇室典範論議への影響。

まずは報道への是非です。
紀子様はまだ妊娠6週間とのこと。まだ安定期になっていません。
どんなに国家の一大事だとしても!
一般に安定期になるまではとてもデリケートな時期のはず。
私は妊娠したことがないので話す立場にないかもしれませんが、普通安定期になるまで、公にするのは避けるものでは?
Movies Terminal
ときおり。妊婦日記(3ヶ月)
etc…
いずれ安定期になったら発表するにせよ、不安定期に発表するか否かは夫婦の判断にある程度任せるべきでは。
ましてや家のちかくまで報道陣がつめかけて・・・。
天皇家だって一応人間なんだから、そのくらいの配慮をしたらいいのに。
いくら皇室典範かえるの反対だからってNHK(とそれに追随する報道)はやりすぎだとおもう。
「なにか」はないほうがいいけれど、あったときの当事者の気持ち考えないのかしら。
次に皇室典範の話。
報道では皇室典範改正論議に一石投じるという論調が多いようですが、そんなに単純ではないと思います。
そもそも、愛子様が生まれてからこの論議がはじまったように思われていますが、そうではないらしい。(森田教授談)
私がその話を聞いたときに、根拠としてあげられていたのが
「皇室法概論―皇室制度の法理と運用
園部 逸夫 (著)」
の発刊。
園部逸夫さんは行政法の研究者で著書にも地方自治法関係など多数のものがありますが、皇室典範関係の論文の功績なし。
だから、皇室典範改正のための非公式な有識者会議があり、話がまとまったのではないか、とのことです。

結局、女が生まれようが男が生まれようが変える流れに裏では変わっていて、公開の有識者会議では台本どおりの議論がされていたのではないかということ。

次の国会だかで通すといっているのは、与党の数がそろって、しかも小泉の傀儡議員がいっぱいいるから通しやすいというだけの話。
これがきっかけで延長はあっても、政府には流れを変える気はないのではないでしょうか。

日本ではタブーがあって、皇室関係の話をすると右とか左とか言われたり、発言がしにくいところがある。
だからこそ国民の議論をまたず(まてず)にきまっていってしまう。
しかも外国の王室のほとんどと違い、日本の天皇一家は自分で生計をたてていません。
私のようなひねくれものからしたら、税金何千万も使ってベビールームの床をコルク張りにしたりとか、稼いでからやってくれといいたくなりますが、報道は「愛情深い」とほめてたらしい。

適材適所っていうか、ほんともったいないなと、最後に抽象的にまとめておきます。

宮沢りえさんはきれいだなぁ。

⇒trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1億総小姑

紀子さんが妊娠したそうだ(記事)。何にしろ、誰かに子どもが生まれるというのはおめでたい話なのだが、単純におめでとうといえない昨今の情勢。女系天皇に反対する人たちは、「まずは紀子さま第3子ご誕生まで待つべき」とか言うんだろうなぁ。で、誕生を待ってみて「待望

⇒comment

Secret

プロフィール

さばかん

Author:さばかん
親知らず抜歯済み同盟

学部はなんとか卒業しました
ローもなんとか卒業しました(いわゆる4期既修)
奇跡的に新司法試験にも合格しました
新63期司法修習修了

大人の事情で突然記事を公開停止にする可能性があります。
記事の保存などは著作権法の範囲内でご自由にどうぞ。

お酒大好き!
だーりんはもっと大好き!




コメント禁止ワードをいくつか設定しています。
URL、携帯アドレスは書き込めません。
またac.jpのドメインからは書き込めません。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSリンクの表示
ブログ内を検索
早起き生活

早起き生活
Powered by 早起き生活

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。