スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生理用品あれこれ

一定以上の年齢の女性であればだれでもお世話になるのが生理用品。
毎月のブルーデイを快適に過ごすためのグッズが、今もたくさん開発されています。
よく知られているのはナプキン。

テレビCMでもみられるのは紙ナプキン。
使い捨てで、経血の量によって、使用時間によって、様々なタイプが様々なメーカーから出ています。
ソフィユニ・チャーム製品
ロリエ花王製品
ウィスパーウィスパー・プチ)(P&G製品
エリス大王製紙

最近見直されてきているらしいのは布ナプキン。
洗って何度もつかいます。コットン(リネン)製が多いようです。
自分で作って使う人もいるようです。
紙ナプキンと比べて、生理痛が軽くなったという人もいますが、長時間外出していたりすると面倒だったり。
てくてくねっと
Wemoon
布ナプキンの手作り方法


ナプキンをより効果的に使用するための専用ショーツもあります。
ナプキンメーカーと下着メーカーが共同開発したものや、汚れても洗いやすい加工がしてあるもの、ナプキンを収納するポケットのついたものなど、様々です。
値段は物にもよりますが、普通のショーツより若干高めです。
500円くらいからあるみたいです。

似た形のパンティーライナーはおりもの用。
生理前後のおりものが多い日に、汚れが気になる人が使います。
二枚重なっていて、一つを二回使えるものもあります。
使ってみたこともありますが、微妙です。

それからタンポン。
膣内に直接挿入して経血を吸い取ります。
ある程度ならつけたまま水泳もできます。
結構使うのに抵抗がある人も多いし、生理が始まったばかりの人は入れにくかったりします。
でも、アプリケーター(プラスティック製のガイド)付きのタイプや、すごく細いタイプが出て、とても使いやすくなりました。
メーカーはユニ・チャームのソフィがシェアの殆どを占めているようです。
チャームソフト、エルディ等タンポン商品一覧

さて、新しく薬局で発見したのがボディピース
なんと、膣口にはさみこんで使うのです。
ナプキンと併用して使用します。
よく、ナプキンの中心部分により強力な吸収体をつけている商品がありますが、それを独立させて、直接くっつけちゃえ、みたいなかんじでしょうか。
タンポンとナプキンの中間のような使用感ですね。
タンポンほど安心できるわけではないですが、なにより入れなくていいので、抵抗感がないし、時間もかかりません。
ただちょっとなれるまで、はりっついてるってかんじがします。
時間がたてばなじんできますが、なじんできたら取り替えたい、みたいな。
ピース自体はとても小さいので、ナプキン一枚つけて、ピースだけ取り替えていればかさばらなくていいかも、と思いました。


メーカーっていろんなことを考えるんですね。

⇒comment

Secret

プロフィール

さばかん

Author:さばかん
親知らず抜歯済み同盟

学部はなんとか卒業しました
ローもなんとか卒業しました(いわゆる4期既修)
奇跡的に新司法試験にも合格しました
新63期司法修習修了

大人の事情で突然記事を公開停止にする可能性があります。
記事の保存などは著作権法の範囲内でご自由にどうぞ。

お酒大好き!
だーりんはもっと大好き!




コメント禁止ワードをいくつか設定しています。
URL、携帯アドレスは書き込めません。
またac.jpのドメインからは書き込めません。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSリンクの表示
ブログ内を検索
早起き生活

早起き生活
Powered by 早起き生活

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。