スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつうつした気分を分析してみる

勉強をしていないから、不安になるんだと、一番近くの人には説教をされます。
でも、不安で勉強が手に付かないのです。
そしてその不安も、つかみどころがなく。

不安の正体をあきらかにしたら、すこしはよくなるかしら。

まず、現行の司法試験を受けて弁護士になるケースと、法科大学院に入って新司法試験を受けて弁護士になるケースを比べて見ます。

現行は、一発3%の狭き門。年に数百人しか合格しません。
ただし、学歴もいらないし、年齢制限も無いし、何度もチャレンジしてもいいです。

一方法科大学院経由コースでは、まず法科大学院の倍率が10倍くらい。
(東北ローだけみたら4~5倍だと思いますが、人気校は10倍ではたりないかも)
そして入学してからも、少し気を抜くと留年の危機(単位認定が厳しい上に必修だらけだそうです)。
しかも二回留年したら退学です。
卒業したら新司法試験を受けられますが、5年に3回しか受けられません。
そしてその合格率は初年度の今年でさえ48%。
おそらく私たちが受ける頃には、押し出しで受ける人がいるので、30%程度の合格率になるでしょう。

あれ?結局合格率でいったら、(母集団が多くなるけど)かわらないんじゃね?

それから、この四年間、マジメにやったとは言わないけれど、それなりにやって、あんまり身についていない気がする法律の力が、ロースクールに2年または3年かよったくらいで身に付くのかという話。
これは今から悩んでも仕方ないのかな。

あとはもっと先の将来の不安。
相方はY県庁に就職を決めました。
一緒の人生を歩むなら、、、地元長野には帰れません。
はやく一緒になりたかったら、東京近郊の大手の事務所で修行・・・ってことができません。
私は長野に戻りたい。仙台で色んな事を学んで、これは長野でも使える!という事をたくさん吸収してきたつもりです。
Y県には今のところあまり愛着もないし。。。

どうすると、どうなるのかわかんない。
これが不安の正体かなぁ。

書いてみてもやっぱり、解消はされないみたいです。

⇒comment

Secret

Not Subject

うーん・・・不安の正体を明らかにした後、更に、なぜその事が不安になったのか、抜け出すために今するべきことは何かを考える事が必要ですよね・・・。

でも、一ついえることは、さばかんさんは努力家だという事です。
素質、あると思います。
プロフィール

さばかん

Author:さばかん
親知らず抜歯済み同盟

学部はなんとか卒業しました
ローもなんとか卒業しました(いわゆる4期既修)
奇跡的に新司法試験にも合格しました
新63期司法修習修了

大人の事情で突然記事を公開停止にする可能性があります。
記事の保存などは著作権法の範囲内でご自由にどうぞ。

お酒大好き!
だーりんはもっと大好き!




コメント禁止ワードをいくつか設定しています。
URL、携帯アドレスは書き込めません。
またac.jpのドメインからは書き込めません。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSリンクの表示
ブログ内を検索
早起き生活

早起き生活
Powered by 早起き生活

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。